出会い系で知り合った女がもう本当に美人でFカップの巨乳ちゃんだったんだがwww

▼出合い系のエッチな体験談 ▼

出会い系で知り合った女がもう本当に美人でFカップの巨乳ちゃんだったんだがwww

 

スペック:美人さん。もう本当に美人。今だと

ってモデルさんに似てる。よくハーフとかクォーターと

か言われるらしい

身長は160cmくらいだったが顔がちっちゃくて、身体は細く

てめちゃくちゃ美脚。

でも胸はFカップというまさにパーフェクトスタイル。30歳

とは思えませんでした

日サロに言ってて肌は小麦色。髪は金に近いくらい明るい色。

会った時はプラダの白いTシャツにデニム、黒いヒールに大

きめのサングラスと、まさに「ギャルお姉さん」という感じだった

多分、、を駆使して100人くらい会ったけど、年齢を勘案しても、

やすこがルックスでは1番レベル高かったと思います

渋谷で会う約束をして待ち合わせをした

正直やすこが送ってきた写メはよく顔がわからなくて、

雰囲気も全然違ったし、まさか目の前にいるギャルお姉さんがや

すこだとは全然わかりませんでした

俺(電話で)「やすこさんどこすかあ~?(T_T)」

やすこ「あー見えた見えた!ここだよー」

俺「どこー?(T_T)」

やすこ「ここ!」

グイっと腕を引っ張られ、やっと気付く

「遅いよー!」

やすこはサングラスを外して顔を見せる

マジかよ…この人芸能人ですか?w(゚o゚)wメチャ綺麗w(゚o゚)w

渋谷のバーに入る

やすこに男の視線が集まる

スタイル抜群だし、Tシャツで胸が強調されてる格好なので…

でも男としてはこういうのは気分いいですよね。色々と話をする

やすこは実家で家事手伝いやってるとのことだった

派遣で働いていたがしつこく言い寄ってくる社員がうざくて

辞めたばかりとのこと

やすこ「髪も日サロも最近変えたばっかりなんだ~。ちょっ

と若くなって見ようと思って~」

俺「いいんじゃないですかねー。似合ってますよ」

やすこ「そう外見はね~。よく『お前はあんまりしゃべらな

い方がいい』って言われるんだぁ~」

色んな意味で納得した

確かにやすこはルックスは抜群だが、ちょっと挙動不審とい

うか、語尾を伸ばす感じもちょっと「ん?」と思わせる仕草

があった

うん、わかります。

この人不安定というか、若干メンヘラ気味ですね

彼氏とは最近うまく行っていない、というかまだ続いている

かは わからないという状態らしい

「でも私、眠剤飲まないと寝れないから、呼ばれると彼氏の

とこ行っちゃうんだよねー」

「でも今はヤラせてないwこないだ起きたらチンポ入れよう

としてる瞬間だったから蹴飛ばした」

「やっぱ男は信用できないね~」

▲必須! 書店では買えない幻の本(モテLogi)

不安定なのは男トラウマも影響してるようだった

「私ね、小●生のころからもう背が高くて胸も大きかったの」

「小五のとき近所の中●生にことがあった。チンポ舐めさせようとしてきたから腕に噛み付いて逃げた」

「レ●プもあったよ~夜道歩いてたらいきなり思いっ切り後

ろからガンッ!て顔殴られて」

「森に引きずりこまれてパンツ破かれて はあはあ言いなが

らグリグリ手マンされて~」

「悔しくて泣きながら『てめぇ下手くそなんだよ!』って言っ

たら逃げちゃったけどww」

美人、というより性欲対象として不幸を経験してきた人でした

ちょっと可哀相になった俺はやすこの肩を抱いていた

そこに彼氏からメールが来る

俺「帰るの?」

やすこ「そうだね~今日は帰る」

俺「彼氏のとこ行くの?嫌だよ。今日は一緒にいたい」

やすこ「また遊ぼう?次はいつ会える?」

俺はやすこを抱きしめ、バーで周りに人がいるにも関わらず

キスをした

かなり長い時間、俺達はキスをし続けた気がする

渋谷の改札まで送って行き、別れ際にも深いキスをして抱き

あった

その日に落とせなかったのは久しぶりでした

次は新宿で会った

もうその日はお泊りお約束で、俺は会う前から興奮しっぱなしだった

ホテルに着いてキスをする

だが服を脱がそうとすると「エッチはしない」とのこと

「男はヤると変わるから」

俺は一生懸命「やすこが大切だ!」とか「俺を他の男と一緒

にするな!」とか頑張ったが

全く説得力はなく、残された道はもういつもの正面突破しか

なかった

「やすこさんすいませんもう我慢できませんm(._.)m」

やすこはうんざりした顔をしていたが、俺は構わず脱がす

全部脱がせて、俺は感動した

今まで見たことのない綺麗な小麦色の身体のライン、形のい

い乳房

…けど感動は「外見だけ」なんだよね

俺が愛撫初めても顔を背けてるし、反応も少ない

きっとセクロスという行為と、男という生き物に幻滅し続け

て来たんだろう

極上の身体を味わい俺自信は何度も快楽に包まれながらも、

精神的には つまらないセクロスだった

やすこはピルを飲んでいたので生挿入だった

上になってもらっても「動くの嫌」ということなので下から

俺が突く。

美乳に顔を埋めむしゃぶりつきながら、俺はやすこの中で何

回も果てた

その日は金曜で、次の日もお互い暇だった

昼までホテルにいて、外でメシを食ってゲーセンで遊んでた

らまたすぐ夜

▲極意! 好きな女性を振り向かせる連絡の取り方!

その日もホテルに泊まった

二人とも「本当に、お互いただ暇だったから」だと思う

この時はやすこが「ルックスだけ」と言われている本当の意

味がわかった気がしていた

話をしてても所々ピントが外れるし、彼女自身も話題が少ない

彼女は軽い睡眠障害なので、ホテルで俺が寝ても朝まで友達

と電話をし続けていた

俺はもう、彼女に性的な観点以外の女性的魅力を全く感じな

くなっていた。恐らく彼女もそうだったろうが…

「綺麗なのに、モテない」の究極形みたいな人でした

でも、飽きてくると嫌われてもいいと思うからいろいろできる。

ハメ撮りとかカーセックスとか

俺は興奮したけどやすこは冷めた目で見てたと思う

そういう時は射精した後かなり虚無感に襲われる

そういうのにも飽きたらほとんど会わなかったが、やはりやすこのルックス

の印象は強く、たまに俺から「どうしてる?」と連絡をして

いた。一年に1~2回くらい

「妊娠しちまったよ…」とメールが返って来たことがあった

(相手俺じゃないよw)

どうやらその相手と結婚したらしい

そのあと連絡した時は「離婚した」とのことでした

女性の魅力って外見9割とか言いますが、そんなことはない

ですね、というお話

タグ:出会い系 :美人 :生挿入 :中出し :フェラ :ハメ撮り :カーセックス
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/

(Visited 12 times, 1 visits today)