アナルバイブでアクメイキする清純派淫乱で変態な女子大生

▼あり得ないHな体験談▼

アナルバイブでアクメイキする清純派淫乱で変態な女子大生

 

清純派な淫乱女子大生の連絡先を消した事を後悔している女の子の話。

知り合ったのは出会い系サイトで、

初めの頃は悩み相談とかそんなの。

サクラを警戒してて、

金を使わせようとしてるのかと思いきや、

メアドを教えてくれたので直接メールしてた。

その当時の彼女は20歳の大学生でした。

ついでなのでスペックを。

女子大生は滋賀県出身で、160cmぐらいで少し細めスタイル。

胸はDカップで経験人数2人&彼氏有り。

大人しめで真面目そうな普通の子。

特に可愛いとかでも無い。直接会って遊ぶようになってから、

「何で出会い系なんか使ったの?」と聞いてみたら、

その出会い系で以前相談相手を見つけてたんだって。

新たに探したとか言ってた。ちなみにその男とは会った事は無く、

写メ交換だけしかしてないらしい。

相談内容ってのが面白くて、

『こんな事したら男はヒキますか?』系。

彼氏が大好き過ぎて、

出来る限り幻滅されたり嫌われたくないんだって。

初っ端の相談が

「女がイッてる顔ってどう思いますか?」

だったから、そりゃ怪しむでしょ。

彼女は、「自分が鼻の穴を膨らませちゃってる」とか、

「目を見開いちゃってる」とか言う。

「そういうのもアリなんじゃない?好きな子だったら」とか言うと、

「怖くないですか?」と。

他に女の子が釣れなかったから、

毎日そんなくだらないメールに付き合ってた。

どうせブサイクで、もしかしたらメンヘラかもなって思いながら。

1ヶ月ぐらいほぼ毎日メールしてると、

お互いに信用みたいな気持ちが生まれる。

「お兄さんにだったら写メ見せてもイイ」

とか言ってくれたので、最高の詐欺写メを撮って

「写真映り良いけどね~」とか言って送っていた。

「カッコイイですね!」とか即反応してくれた。

彼女も送ってくれて、見たらマジで地味で真面目そうな女の子だったわけ。

こんな子が毎日のようにセックスに関わる相談してきてたのかよ~と思うと、

少し興奮した。その日からゆっくりエスカレートしていって、

2ヵ月後には彼女がド変態だと知った。

初めての男はスノボに来てた大学生にナンパされ、

一夜限りのセックスで喪失。

しかもそれは中3の春休み。

高校生になって彼氏が出来たがプラトニックな関係を続け、

その代わりナンパされた30代のサラリーマンと週2ペースでヤリまくり。

彼氏とはキスだけでお別れしたが、

卒業までそのサラリーマンのセフレだったみたい。

自分がドMだと認識するようになり、

女子高生のくせに青姦は当たり前。

▲Get Now! 加藤鷹流!プレミアテクニック動画!第2弾!?~ディープセックスバージョン~

車で山に行っては、外か車の中でやってたって言ってた。

しかもアナルも経験済みで、アナルにバイブ入れてフェラするとイク。

上京する数日前セフレに「最後のお願い」

と頼まれて、セフレの同僚(30代~50代)の男達4人の目の前で

オナニーを披露したツワモノ。 

彼女自身も興奮し過ぎて、狂ったようにイキまくったというから凄い。

そんなド変態な性癖を隠しながら、

同級生の彼氏と付き合ってるとか言ってた。

彼氏の前ではウブで何も知らない女の子を演じてるが、

稀に油断してると本性が出るようで、

そんな姿をどう思うかっていつも相談してきてたわけです。

メールするにつれて興味が湧く子だったので、

気が付けば半年ぐらいメールしてた。

ちょうど仕事も忙しかったからメールだけしてたんだけど、

それが結果的には良かった。

「すぐに会おうとか言わないから安心した」

って言われたしね。

「仕事がヒマになったから飲みにでも行こうかぁ~」

と誘ったら、喜んでOKしてくれた。「実際に会って相談もしたい!」

とか言ってた。その日にすぐホテルへ、

なんて思って無かった俺は、紳士的な態度で接してた。

でも酔い始めてからの2人の会話は、完全にエロしかなかったが。

2回目も3回目も別に誘わずに、飲みながら下ネタを喋るだけ。

でも3回目に会った日の帰りの電車で、

「喋ってたら思い出しちゃって興奮した」

的なメールをもらったんです。

こりゃ4回目はイケちゃうなと確信して、

4回目はわざと想像させまくる会話に徹した。

予想通り「興奮します」なんてウルウルした目で言われて、

命令されるのが大好きなのを知ってたから

「じゃどっかでしゃぶってよ」

とか言ってみた。

もっと強気で言えば良いんだろうけど、

言えるもんじゃ~ないね。でも彼女は「はい」

って素直に返事して、恥ずかしそうに下向いてたな。

店を出て手を繋いでそのままラブホに突入。

終始無言だったくせに、部屋に入るなり豹変してた。

靴の紐解こうとしてたらしゃがんできて、

無言でウルウル上目遣い。

いきなりここで?と思いつつチンコ出したら、

はぁ~んって舌を出してペロリンです。

20歳ぐらいの子だったらしゃぶるぐらいかと思いきや、

彼女は咥えるよりもまずは丁寧に亀頭から竿までを舐め回す。

しかも舐めてるだけで興奮しちゃうみたいで、

声出しながら舐めてた。

「その姿彼氏に見せたら興奮するかな?」

「ダメですぅ~絶対見せられないですぅ~」

って嬉しそうだから怖い。

靴脱げなかったので土足のままベッドへ移動し、

腰掛けてフェラチオさせてた。

▲必須! コトバと愛撫の8つのテクで狂ったようにバンバン女性をイカせる秘術

「しゃぶりながらのオナニー好きだったよね?してイイよ」

「良いんですかぁ、してもイイんですかぁ」

「ケツ突き出して本気でオナるならイイよ」

「ありがとうございますぅぅぅ」

書いてて笑っちゃいそうだけど、

マジでこんな感じなのよ。甘えたような、鼻にかけたような、

ちょい自分に酔ってるみたいな気がしたな。

俺が仕込んだわけじゃないからアレだが、

勝手に自分を奴隷みたいに堕とすみたい。

若いからパンストなんて穿いて無いわけで、

フレアーなスカートからケツがプリンと出た状態で、

しゃぶりながらオナニーを開始。

これがまた凄くて、オナニーし始めたら俄然フェラが激しくなるんです。

しかも咥えながら「おぅんおぅん」

言いまくる。

タグ:アナル :バイブ :おもちゃ :淫乱 :変態 :女子大生 :出会い系 :フェラ
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/